ana
BLACK HEART HARLEY-DAVIDSON V-ROD SITE

2018年6月18日:第371話
「ビクトリノックスミニチャンプDX修理」

最近修理ばっかりだ!

 

↑の画像は2007年に購入し今年で11年選手になるアーミーナイフ、ビクトリノックスミニチャンプDXちゃんだ。

何がどうしたって先月とうとう恐れていたハサミのバネがアワレにも破損した↓

 

バネをやられてしまってはもう持つわけもない

真面目にハサミが閉じた状態から戻らなくなるので使い勝手はとてもとても悪くなった。

このナイフには全16機能があるが私の場合その中で2番目に使用頻度が高いのがこのハサミである。つまりこのハサミが使えなくなるのは致命的な致命傷

ちなみに1番はピンセット。

新しく買いなおすことを考えて値段を調べてみたが、アマゾンで11年前購入した時は3130円だったが現在の価格は4000円と値上がりしまくっていた。

現在の私に4000円の出費は脳天に釘を打ち込まれるほどのクリティカルヒット。

ここは買いなおすより修理を依頼する方向で検討。

改めて調べたところビクトリノックスのビクトリノックス・ショップとかいうまんまの店で修理が可能なことが判明した。ところが店舗が東京都内では6店くらいあるが肝心の埼玉県には1店もなく、一番近くて栃木県の佐野市にある佐野プレミアムアウトレットとかいう場所だった。

ちょっと遠いけど郵送で送った場合修理費用がいくらなのかとか色々不明点があるので直接店舗に持って行くのが良かろう。何より距離的に久々にV-ROD出す価値があると判断。

そして3日の日曜日に午後から現地を目指してV-RODで出発した。

と こ ろ が

当日は快晴で気温も30度超えと夏真っ盛りといった状態。これ自体は別にそこまで悪いことではないのだが、目的地である佐野プレミアムアウトレットに到着した時にあまりの渋滞に驚愕↓

 

これは駐車場入場待ちの列だが、動かない・・・まったく動かない。

炎天下の中エアコンも日陰もない状態でちょとsYレならんしょこれは・・・?

太陽の輝きも熱いがV-RODのエンジンが無茶苦茶熱い!太ももが焼けるマジで。

到着したのは15:57だったが、2輪の駐車場まで辿り着いた時は16:12だった。15分くらい並んでいたことになる。

休日のアウトレットを舐めていた・・・まさかこんな大量にアワレな貧弱一般人がいたなんてッッ!

 

そしてようやくビクトリノックス・ショップに辿り着く↓

 

ハサミの修理とついでにボコボコになったハンドルカバーも交換してもらうことにした。

ハサミの修理だけだと本日中に店舗で可能らしいが、ハンドルカバーは専用の修理店舗に送らないとできないとのこと。そう何度も来るようなところじゃないしせっかくだからね。

料金は両方合わせて702円、安い。これは買い換えなくて正解だった。

なお、修理自体は1週間くらいで終わった。

これでまた10年は戦えるよな。