BLACK HEART HARLEY-DAVIDSON V-ROD SITE

2020年7月12日:第420話
「観葉植物成長記録-その1-」

蒸し暑くてストレスがマッハ

 

6月の後半から梅雨が狂ったように牙を剥いて来たらしくここのところ2週間連続で曇りか雨で太陽がまったく顔を出さず世は暗黒時代を迎えました。

でも埼玉は今日晴れました、ハッピーエンド。

 

この天気の悪さのせいで観葉植物共もすっかり元気がなくなっていましたが一応成長はしております。

特に先月の始めにクワズイモから生えてきたこれ↓

 

 

最初は根っこ?と思い色々調べましたが良く分からずなんすかこれ?状態でしたが数日経ってこうなって↓

 

 

こうなった↓

 

 

で、今こんなん↓

 

 

単に子株だっただけですね。

実は今年大きな植木鉢に植え替えましたがこの植木鉢では俺はおさまらぬだろうとあっという間に根っこが下から出てしまったのでこの大きさでも窮屈だったかと驚愕。

それで地上にまで根が出てしまったかと心配してましたが一応正常な成長のようで何より。

子株が出るってことは十分に栄養が行き渡ってるはず。

これが成長すればいずれイモが出てくるってことですかね。

個人的には本体のイモを大きくしたいんですが・・・。

 

下のフィカス・アルテシマも4月に買った時はこのサイズでしたが↓

 

 

今はこんなん↓

 

 

順調順調。

途中から葉の大きさが違うのは肥料を与え始めたからでしょうな。

固体の置き肥料と液体肥料をそれぞれ与えていますが葉の大きさを見る限りかなり効いてそう。

ただ問題がないともいえなくて、現在観葉植物共はベランダに出しているのですがここは午前中しか日が当たらないのでどうやら日照不足らしくこのフィカスはやや徒長気味。

簡単にいうと葉と葉の間隔が間延びしてしまっている。本来はもっとみっしり葉が生えるんですがこればっかりは日の当たる場所に変更するしかない。

 

最後に使ってる肥料は元肥、置き肥、液体、全部ハイポネックス↓

 

 

社名が商品名でもあるため全部ハイポネックスになってしまいちょっと紛らわしい。

全部ハイポネックスじゃなきゃダメってことはないんでしょうけど同じメーカーで統一したい人間としてはこうなることは確定的に明らか

効き目は・・・多分、というか間違いなくある。

フィカスの葉の大きさがその答えだろうな。

こんな素晴らしい肥料を使える私はきっと特別な存在なのだと感じました。

貴方に勧めるのはもちろんハイポネックス。
なぜなら貴方もまた特別な存在だからです\デェェェン/